めずらく、ブログ経由でお問い合わせをいただきましたので、記事にしたいと思います。

「故人と一戸建の土地・建物を共有している場合、遺産分割協議書の不動産の表示はどのように書きますか?」というお問い合わせでした。

お父さんと長男が不動産を共有していたり、夫と妻が共有していたり、他の方と道路を共有していることはよくあることです。




 

答え

故人の持分をわかるように書けばよい。

これだけじゃ味気ないので、もう少し説明しましょう。

設例

今回は以下の例で説明します。

  • 故人山田太郎の持分 10分の9
  • 長男山田一郎の持分 10分の1

遺産分割の対象

今回、遺産分割の対象となるのは、故人山田太郎さんの持分10分の9についてですから、それがわかるように書くことになります。

長男山田一郎さんの持分10分の1については、遺産分割の対象ではありませんので、書く必要はありません。

土地

所  在   大阪市北区西天満三丁目
地  番   5番18
地  目   宅地
地  積   80.00㎡
      持分10分の9

 

建物

所  在   大阪市北区西天満三丁目5番地18
家屋番号   5番18
種  類   居宅
構  造   木造スレートぶき2階建
床 面  積   1階  40.00㎡
      2階  40.00㎡
      持分10分の9

このように書いておけば十分でしょう。

表示がずれているのはご容赦下さい。

 

自分で名義変更の登記をやりたくなったときに見るべき書籍

遺産分割協議書を自分で作ったら、登記も自分でやりたくなるかもしれません。

created by Rinker
¥1,728 (2019/04/12 11:32:00時点 Amazon調べ-詳細)

東京の司法書士さんが書いた書籍です。

「書類集め」から「名義変更登記」まで一般の方にもわかりやすい言葉で丁寧に書かれています。

友達から「(司法書士のおまえには悪いけど、)自分で相続の登記をやりたいねん。いい本ない?」と聞かれたら、私はこの本を紹介します。

「時間はたっぷりあるから、登記も自分でやってみたい!」

というあなたはこの本を参考に挑戦してみてください。

「読んだけど自分には無理だよ~」

「自分でやる時間なんて全然ないよ~」

というあなたは、お近くの司法書士までお気軽にご相談ください。