台風に関するニュースを見ていると

「台風21号による高潮の影響で関西国際空港が冠水」

とか

「六甲アイランドが高潮により冠水」

などと、高潮というワードが出てきます。

高潮ってなに?と思った人も多かろうと思います。

私も数年前までそうだったので、高潮について学べる『津波・高潮ステーション』(大阪市西区)について紹介します。




 

高潮とは

高潮(たかしお)は、台風や発達した低気圧が海岸部を通過する際に生じる海面の高まりを言う。地震によって発生する津波とは異なる。

引用元:高潮 – Wikipedia

私も難しいことはわかりませんが、台風などにより、海面がめっちゃ高くなることがあるってことのようです。

満潮の時刻と重なると、いつもよりさらに海面が高くなるので大変です。

津波・高潮ステーションの場所

〒550-0006 大阪府大阪市西区江之子島2丁目1−64

大阪メトロ(地下鉄)阿波座駅10番出口より徒歩1分とアクセス抜群です。

小さなお子様と行っても大丈夫ですね。

私は当時3歳の息子と行きました。

入館料

入館料は無料です。

休館日

休館日は、火曜日(祝・休日の場合は翌平日)、年末年始です。

開館時間

開館時間は10時から16時までです。

HP

フェイスブック

水門の動画や津波浸水想定時間についての動画なども投稿されています。

→津波高潮ステーションのフェイスブックページはこちら

訪問レポート

もう5年も前になりますが、私が当時3歳の防災マニアだった息子と行ったときのレポートはこちらです↓

津波・高潮ステーション(大阪市西区)に行ってきた

今思えば、当時の息子はほんとに可愛かったです。

なのに、ちょっとワガママ言っただけですぐに怒ってしまって申し訳なかったなあと反省しています。

おわりに

記事を書いていて思ったのは「5年も経つとだいぶ忘れている」ということです。

「人間は忘れる動物である」とどこかの偉い人が言っていましたが、定期的に訪れて記憶を蘇らせる必要がありますね。

今度は娘を連れて行ってみます。

まだ行ったことのない人はぜひお子様と行ってみて下さい。

おしまい

→防災士厳選の防災グッズ39点セット【ディフェンドフューチャー】はこちら