遠方から黒部名水マラソンに参加するランナーにとって迷うのが宿泊先です。

黒部名水マラソン2018に参加するため前泊した『魚津マンテンホテル駅前』がとても良かったのでレビューしておきます。




魚津マンテンホテル駅前のいいところ1:立地

 

あいの風とやま鉄道魚津駅 徒歩約1分
新魚津駅下車 徒歩約1分

翌日フルマラソンを走るランナーとしては、前日はできるだけ足を使いたくありません。

駅チカはありがたいです。

そして、セブンイレブンが徒歩1分かからないくらい近くにあります。

魚津マンテンホテル駅前のいいところ2:必要十分な設備

ティファールの湯沸かし器、冷蔵庫があります。

電源が机とベッド脇にあります。スマホ、ワイヤレスイヤホン、GPSウォッチを一度に充電できます。

WiFiも飛んでいます。

清潔なお部屋です。

テレビがあります。一度も付けませんでしたけど。

魚津マンテンホテル駅前のいいところ3:大浴場

ビジネスホテルって普通、せまいユニットバスしかありません。

しかし、大浴場があるんです。

<営業時間>
夜 16:30~24:00/ 朝 5:00~10:00
公式HPより

露天風呂、サウナもあります。

前日にゆっくり湯船につかれるのは幸せです。

私は、気に入って夜と朝入りました。

 

魚津マンテンホテル駅前のいいところ4:夜の支那そば

21:30から22:30の間、無料で支那そばが食べれます。

場所は2階です。

21:30に行きましたが、行列になっていて、番号札を渡されました。

1玉か半玉か選べます。2玉や替え玉はなしのようです。

私は1玉にしました。

あっさりして美味しかったです。

 

魚津マンテンホテル駅前のいいところ5:朝食バイキング

日本旅行の前泊プランでは朝食が含まれていなかったので、チェックイン時に追加しました。

税込み1,000円です。

なお、特筆すべきは、開始時間。

通常は6:30からなのですが、黒部名水マラソン当日は、5:45オープンです。

ありがたや、ありがたや。

落ち着いて食べることが出来ます。

場所は支那そばが振る舞われたのと同じ2階の食堂です。

バイキング形式なので、自分で好きなものをとります。

ドリンク。

ホタルイカはやっぱり美味しかったです。

前に座った女性は、「おいし~」と言って、ゆってぃーのワカチコワカチコの動きをしていました。

そんなに喜んでくれたら、食堂の人も満足でしょう。

もっと食べたかったのですが、程々にしておきます。

終わりに

マラソンの前泊には十分すぎるほどのホテルでした。

黒部名水マラソンに参加するランナーが魚津で前泊するなら、魚津マンテンホテル駅前にしとけば間違いないと思います。

おしまい。

魚津マンテンホテル駅前のホームページ