篠山ABCマラソン2018の後、ささやま荘のお風呂を利用したのですが、そこで、びっくりした出来事がありました。

会場からえっちらほっちら、20分ほど歩いて到着したささやま荘。

ゼッケンを見せて、整理券をもらって、5分ほど待ってお風呂に案内されました。

整理券を配るくらいなので、お風呂はランナーで賑わっています。

湯船に浸かって、ようやく一息ついていると、隣の人が

ぐてっ

と崩れるように倒れました。

周りのみんなで声をかけますが、返事がありません。

こういう時はどうすればいい?

胸骨圧迫?

AED?

いや、とりあえず、フロントに行って助けを求めよう。

フロントから救急車呼んでもらったり、必要ならAEDを持ってきてもらったりしよう。

出入り口に一番近かった私は、フロントに走ります。

更衣室を出ればすぐにフロントがあります。

更衣室を出た時に私は気が付きました。

 

オレ、素っ裸やん!

私はタオルをお風呂に忘れていたのでした。

しかし、人命には替えられません。

フロントには女性もいましたが、私は手で股間を隠し、従業員の方にお風呂で人が倒れた旨を伝えました。

その後、従業員の方と、お風呂にいた方とで倒れた方を抱きかかえて更衣室に移動させ、たまたま入浴に来たメディカルランナー(医師か救急救命士の資格を持ったランナー)らしき人が脈を取ったりしているうちに救急車が到着。

倒れた方は救急搬送されていきました。

更衣室に移動した時点では意識がもどっていたようなので、大事にはいたっていないとは思いますが、びっくりした出来事でした。

その後も、更衣室で座り込んで動けなくなり、別室で寝かされる人が出たりと、レースの過酷さを物語るお風呂となりました。

マラソン後のお風呂はとても気持ちのいいものですが、レース後は、水分を取ってしっかり休憩した上で利用しようと肝に命じました。

おしまい