image

先日、耕せにっぽんからとうもろこしなどの野菜が届きました。

耕せ・にっぽんとはニート・ひきこもりと言われる定職につかない若者と、これまた日本の農業が抱える高齢化や過疎化や自給率等の食料問題を同時に解決すべく 農業ど素人が北海道で7ヶ月間挑戦する中村文昭がプロデュースする日本再生プロジェクトである
耕せ・にっぽんファイスブックページより
https://www.facebook.com/tagayase/about/?entry_point=page_nav_about_item&tab=page_info

3年前から「耕援隊」として応援費を少しばかり送っています。
たとえば、くわ隊員だと年間10,000円の応援費でひきこもりやニートだった方たちが北海道の大地で汗水流して育てた無農薬の野菜を年2回届けてもらえます。

image

とうもろこしだけでなく、人参や枝豆も入っていました。

北海道にいる彼ら「耕し隊」のことを想像しながら、とうもろこしにかじりつくのが最高にうまいんです。

 

image

そして、今回は、地ビールが入っていました。
このヒキコモルツというネーミングが秀逸です!
グレープフルーツのような後味がしてとてもさわやかなビールでした。

今年も美味しい野菜をありがとうございました。

がんばれ「耕し隊」!

コンセプト|農業生産法人(株)耕せにっぽん ニート 引きこもり 集まれ!