今回は、遺産分割協議書へのマンションの書き方についてお話します。
一戸建てより難しいです。

マンションの登記簿には、お部屋と敷地が一体となっているもの(「敷地権化している」などと言ったりします。)と、一体化していないものがあります。

一体化している場合は、建物の登記簿だけを見て不動産の表示を書けばOKです。
(多くのマンションの登記簿はお部屋と敷地が一体となっています。)

では、一体化しているかどうかはどこを見ればいいのでしょうか?

スポンサードリンク

マンション 敷地権の表示 二箇所

(※上記は架空の建物です。)

このように、敷地権の表示が二箇所にあれば、お部屋と敷地の登記簿は一体化されています。

具体的な書き方に移りましょう。

マンション2 部屋 赤入れ

まずは、【一棟の建物の表示】と【専有部分の建物の表示】の赤い枠で囲んだ部分を転記して下さい。
この見本の場合、【一棟の建物の表示】にスカイエレガントタワー西村という素敵な【建物の名称】の記載がありますので、一棟の建物の構造、床面積は記載を省略できます。(建物の名称の記載がなければ、構造と床面積を記載する必要があります。)
書き方の例は次のとおりです。

一棟の建物の表示
所     在   大阪市北区西天満三丁目5番地18
建 物 の 名 称   スカイエレガントタワー西村

専有部分の建物の表示
家 屋 番 号   西天満三丁目5番18の202
建 物 の 名 称   202
種     類   居宅
構     造   鉄筋コンクリート造1階建
床  面  積   2階部分  157.13㎡

次に敷地権について記載します。

マンション2 敷地権
敷地権については一棟の建物の表示下の(敷地権の目的である土地の表示)に続けて(専有部分の建物の表示)の下の(敷地権の表示)を書けばOKです。

記入例は次の通りです。

敷地権の表示
土 地 の 符 号   1
所在 及び 地番   大阪市北区西天満三丁目5番18
地     目   宅地
地     積   11572.82㎡
敷地権 の 種類   所有権
敷地権 の 割合   24012分の571

最終的には、一棟の建物の表示、専有部分の建物の表示、敷地権の表示の順番に書きますので、次のようになります。
(敷地権が複数ある場合は、1個目と同様に「土地の符号2~敷地権の割合」までを記載して下さい。)

一棟の建物の表示
所     在   大阪市北区西天満三丁目5番地18
建 物 の 名 称   スカイエレガントタワー西村

専有部分の建物の表示
家 屋 番 号   西天満三丁目5番18の202
建 物 の 名 称   202
種     類   居宅
構     造   鉄筋コンクリート造1階建
床  面  積   2階部分  157.13㎡

敷地権の表示
土 地 の 符 号   1
所在 及び 地番   大阪市北区西天満三丁目5番18
地     目   宅地
地     積   11572.82㎡
敷地権 の 種類   所有権
敷地権 の 割合   24012分の571

一戸建てより難しいとお感じになった方が多いのではないでしょうか。
よかったら、参考にして下さい。

 

<以前の記事>
遺産分割協議書への不動産の書き方(一戸建ての建物) | 司法書士って図書館のお姉さんのこと!?Ⅱ

遺産分割協議書への不動産の書き方2(一戸建ての土地) | 司法書士って図書館のお姉さんのこと!?Ⅱ

スポンサードリンク

コメント

コメントをどうぞ

CAPTCHA