毎日1冊、息子に絵本を読み聞かせるのを目標にしています。

久しぶりに息子(もうすぐ5歳)が面白いといったのがこの絵本「かいじゅうくん」です。

スポンサードリンク

一人で留守番をしていた男の子が、「入れてよ」と怪獣に迫られるのを何度も拒んでいたのですが、最後には入れてしまうというお話です。

ラストのオチが秀逸です。

わかりやすいオチで、二人で声を上げて笑ってしまいました。

ネタバレになるので、ここでは書きません。

怪獣に興味があってもなくても、笑ってもらえる絵本です。

 

息子に絵本を読んでおもしろいと言ってもらえるのは10冊に1冊くらい。
なかなか、きびしい目をお持ちです。

 

 

 

スポンサードリンク

コメント

コメントをどうぞ

CAPTCHA