先日、地下鉄阿波座駅近くにある「津波・高潮ステーション」に息子と二人で行ってきました。

スポンサードリンク

消防士を目指す息子(3歳)が今一番はまっているもの。

それは「防災」です。

 

3大台風がきた時の潮の高さが体験できる模型。

家がずっぽりと浸かってしまいます。

 

過去、大阪を襲った台風の被害写真がトンネル状に掲示されています。

 

slooProImg_20130606102346.jpg

実際に使用されていた「防潮扉」が展示されています。

開け閉めの体験ができます。水防団という方々が担当されているそうです。

消防団は知ってましたが、水防団は初めて聞きました。

 

防潮扉が閉じるようすを、模型で見ることができます。

 

「津波災害体感シアター(ダイナキューブ)」は、写真撮影が禁止されていたので、写真はありません。

前方だけでなく、左も右も床にも映像が映され、迫力満点です。

息子は怯えながらも、津波の怖さを体感し、満足気でした。

 

防災についての紙芝居や絵本も充実しています。

お昼ごはんの時間をとうに過ぎているにも関わらず、目をキラキラさせて、もっと読んでとせがむ息子。

何冊も読まされて、クタクタです。

今の彼は

「飯より防災」

のようです。

 

 

クイズラリーが実施されていて、全問正解するとしおり、バッジがもらえました。

 

津波・高潮ステーションは、外が雨で遊べないとき、親子で行ってみると楽しく防災について勉強出来ますよ。

(うちの息子のような防災マニアでなくても、充分楽しめると思います。)

入館無料です。
大阪府/津波・高潮ステーション

スポンサードリンク

コメント

コメントをどうぞ

CAPTCHA