ラッキーセブン- フジテレビ

1月3日に放送されたドラマ「ラッキーセブン」スペシャルを録画していたので、見てみました。

レストラン経営者に成りすました駿太郎(松本潤)が店と土地を担保に経済学者天野(及川光博)からお金を借りるシーンを見ていて気になったことを書きます。

スポンサードリンク

(見てない人にはさっぱりわからないし、司法書士でなければ気にならないかもしれません。)

1 天野の事務所で駿太郎が土地の登記簿を提示するシーンでアップになったのが会社の登記簿だったこと。

偽造するシーンでは会社の登記簿、土地・建物の登記簿が映っていたので、作成していたようです。土地を担保に差し出す話をしてる時に登記簿をアップにするなら、やっぱり土地の登記簿をアップにするのが自然だと思いました。

 

2 レストランで天野と駿太郎が契約を結んでお金を貸し借りするシーンで権利証書と会社の印鑑証明書が出てこなかったこと。

契約を結んで金銭の交付、抵当権設定登記を行うのであれば、会社の登記事項証明書以外にも会社の印鑑証明書、不動産の権利証書を用意するのが通常です。

「天野さん、調印するだけじゃなく、お金を渡す前に印鑑証明書と権利証書も確認しなきゃ」と心の中で叫んでしまいました。

悲しいさがです。

そんな細かな事を気にしてしまいましたが、松本潤さんや瑛太さんのアクションシーンは見応えがありますし、ホテルでの掛け合いも面白く、楽しいドラマでした。

 

追伸

アップの画面はスローで何度も確認したのですが、私の見間違いでしたらごめんなさい。

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...