週末は息子と同志社の学祭に行って来ました。

スポンサードリンク

なんで同志社の学祭なのかというと、私の母校だというのは全く関係なく、市民に開放されていて気軽に行けるからです。

子供向けのコーナーがいくつかあります。

まず、動物ふれあいコーナーへ行きます。

豚さんがいます。

息子は固まり気味です。

 

ひよこさんがいます。

大きくなったら立派なケ・・・

残酷だという批判を恐れて声に出すのはやめておきました。

他にも、アルカパさんや亀、うさぎ、ハムスターがいて抱っこしたり、触ったりできます。

 

ミニ鉄道の運行もあります。

 

出店であんかけラーメンやシチュー、スイートポテトを買って食べ、ひとしきり楽しんだあと、息子が言います。

「そろそろ、消防署にいこっか!」

君にとって学祭は消防署の前座にすぎないのね。。。

 

同志社クローバー祭には、ベビーカーに乗った赤ちゃんから、杖をついたご老人までお越しになっています。

田辺キャンパスは不便なところにありますが、学祭の日には駅や駐車場から無料バスが運行しています。

来年も文化の日あたりに開催されるでしょうから、よかったら行ってみてください。

スポンサードリンク

コメント

コメントをどうぞ

CAPTCHA