奥さんから「申し込んどいたから」といってプリントを渡されました。

「パパと子の体遊び」

~カラダ&身近な物でふれあいタイム~

講師 NPO法人ファザーリング・ジャパン会員
NPO法人S-pace副理事長 金坂尚人さん

どうやら自分は友達とランチに行くので、息子をよろしく、ということらしいです。

参加家族はうちを入れて7家族くらい。

スポンサードリンク


まずは、子どもの体を布にみたてて、雑巾を作って掃除をしたり、子供の体をきゅうりにみたてて、きゅうりもみを作ったりします。

よそのお子さんは、パパが自分の体に触れる度に、きゃっきゃと喜んでやっています。

うちの息子は興味がないらしく、「やらない」といって三角座りしています。
先生がやれるものだけでいいですからね、と優しく声をかけてくれたのがありがたかったです。

気球の布みたいなので、お好み焼きやたこ焼きを作る遊びは喜んでやってましたし、タオル遊びは、タオルを投げるだけで、それはもう子犬のように走り回って追いかけてました。

好きな遊びときらいな遊びがはっきりしています。
もう自我が芽生えているんですね。

さて、帰宅すると息子のためにお弁当がおいてあります。


デザート付きです。

よくできた奥さんですから、もちろん私の昼食も用意してあります。


カップうどん。

しかも賞味期限切れ

愛情の違いもここまであからさまにされると、清々しさを感じます(笑)

さあ、また新しい一週間が始まります。家族のためにもしっかり働こうっと。
息子は奥さんが作ったお弁当よりも、私の賞味期限切れのうどんを喜んで食べていたのはここだけの話です。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...