「うちの登記名義ってどうなってるんだろう?」

ふと、そんなことが気になったことはありませんか?

今はわりと簡単に登記簿を見ることができます。
法務局に行かなくても大丈夫です。
費用は不動産1個につき、397円です(2012年6月15日現在)。

必要なのは次の三つです。

スポンサードリンク

1 インターネットができる環境
2 固定資産税納税通知書(不動産の地番や家屋番号がわかればいいので、古い通知書でも、権利証書でも構いません。)
3 クレジットカード

 

【手順】

1.登記情報提供サービスにアクセスします。

2.「一時利用」の「利用申込」をクリックします。

3.「約款」に同意します。

4.「一時利用者登録」に名前やらなんやらいろいろ入力します。
※パスワードは12文字以上14文字以下と長いです(笑)。
「住所」は都道府県から入力する必要があります。

5.登録が受け付けられるとどうやらメールが送られてくるようです。

6.届いたメールのリンクをクリックします。
IDは後で使うのでコピーしておくか、メモっておいて下さい。

7.これでようやく登録が完了したようです。ログインをクリックします。

8.メールからメモっておいたID番号とパスワードを入力します。

9.「不動産請求」のタブをクリックします。

9.請求事項を入力します。

 所在は選択できます。地番や家屋番号は直接入力して下さい。固定資産税納税通知書の不動産の所在がかかれているページを見ながら入力しましょう。共同担保目録の要否に迷ったら、「要」で。 大は小を兼ねるといいますから。

11.所在選択画面はこんな感じです。

12.不動産を入力し終えたら、チェックを入れて「請求」ボタンをクリックします。

13.カード情報を入力します。

一時利用者は一度に複数の不動産を請求することはできません。
1個1個カード情報を入力して請求しないといけないので「めんどうだ」という苦情が多いと登記情報提供センター室の方が嘆いていました。

14.確認画面で入力情報を確認した後、PDFで登記簿が確認できます。

注意することとしては、一時利用の場合、一度ログアウトしてしまうと請求することができなくなります。
新たに登記情報を請求するには再度登録からやり直して下さい。
(再ログイン時にはマイページのタブしかありません。)

画面をキャプチャして投稿してみましたが、登記情報提供サービスの操作方法のページがよくできているので、あえて投稿する必要もなかったかもしれません(笑)

投稿の練習になったので、よしとします。

 

 

 

 

 

 

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...