法務局の片隅にこんな機械が設置されているのをご存知ですか?

証明書発行機1
登記事項証明書などを請求する機械です。

何年か前から設置されているのですが、あまり使われていなくてかわいそうに見えたので、使ってみました。

スポンサードリンク

全部事項証明書を取りたいので、一番上の「全部事項証明書」をタッチします。


次に、都道府県から不動産の所在を選択していきます。


家屋番号や地番は画面上のテンキーから入力します。


最後に自分の名前を入力します。


すると、ジジジーと音がして半ぴらが出てきます。


印紙を用意して待つよう書かれてあるので、印紙を買いにいこうと印紙売り場に一歩足をすすめた瞬間、

「西村さま!登記事項証明書でお待ちの西村さま!窓口までおこしください。」

はやっ!

大阪法務局北出張所だと、請求用紙で請求する場合、10分や20分待たされることはよくあります。

しかし、証明書発行機を使った場合は、待ち時間がほぼありません。

登記簿の地番や家屋番号がわかっている場合は、ぜひ使ってみてください。

ソファーで待っている人が多いときなんか特に、優越感に浸れることでしょう。


印紙売り場でも証明書発行機の積極的な利用が促されています。

【補足】
司法書士はインターネットで請求することが多いです。
その方が少し安く請求できるので事務所のパソコンから申請しておいて後で法務局に引き取りに行くか、郵送してもらっています。

請求書や発行機だと登記事項証明書1通700円のところ、インターネットで請求すると窓口に引き取りに行く場合で550円、郵送してもらう場合で570円です。(2012年6月12日現在)

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...